HOMEコラムオープンソースって魅力的ですね。

コラム Column

コラム

※本コラムの投稿は個人の意見です。従いまして共感を得るか、反論をかうか、皆様の広い御心でお読み頂きお役に立てれば幸いです。

2017年6月28日

オープンソースって魅力的ですね。

ペンネーム:OSSを活用しよう

「オープン化」といえば、プラットフォームの「UNIX化」や開発言語の「オープンソース化」を思い起こす方が多いのではないかと思いますが、これまで汎用機・オフコンと呼ばれていたプラットフォームもUNIX環境をサポートしているので、近年は「プラットフォームのオープン化」自体はあまり意味をなさないかもしれません。

開発言語から見たオープン化

 開発言語の方はどうでしょう?「オープンソース」といわれる言語で開発されたプログラムは様々なプラットフォームでサポートされているため、「サーバーOSはなんでも良い」というのが、大きな魅力です。

 また、オープンソースであるが故、他のシステム(アプリケーション)との連携が容易になります。このような特徴を生かし、すべてのシステムを一から構築するのではなく、既存のサービスと連携しながら業務システムを構築していくことが可能です。

クラウドアプリケーションの活用

 分析系システムなどは自社で保有している情報を外部サービスと連携することで、自社だけでは持ちえない莫大な情報量とハードウェアリソースを使うことが可能になります。・・・このような情報サービスは、毎日仕事で利用している検索エンジンからCRM等の業務分析などすでに多くのサービスが提供されています。

 さらに、「Bluemix」のようなPaaS (Platform as a Service)を活用すれば、技術的な知識がなくてもクラウド上でアプリケーションを作成することが可能です。このアプリケーションを様々なシステムと連携させることで求める成果を「短時間」「低コスト」で実現することが可能です。