HOMEコラム

コラムColumn

コラム

※本コラムの投稿は個人の意見です。従いまして共感を得るか、反論をかうか、皆様の広い御心でお読み頂きお役に立てれば幸いです。

コラム

2018.1.25

その先に何を求めるか?

ペンネーム:ushiday 新年あけましておめでとうございます。 前回コラムの現実的な視点から、今回はIBM iユーザーとして、どうすれば良いかを考えていきたいと思います。 IBM i のOSS  世の中には、数限りなくOSSが存在します。IBMiで利用できるモノ、そうでないモノ様々です。この中から、何を選択するかは、非常に難しい作業です。正解は無いと思います。  仮に正解があったと…

もっとみる

コラム

2017.9.29

今回は少し現実的な話しをします。

ペンネーム:maokit オープンソース製品(以降OSSと記載)を導入にあたり、考える事の一部として以下3つを挙げます。 ・構成要素 ・ライフサイクル ・アプリケーション開発 構成要素について  システムは様々な要素で構成されます。 仮想化、OS、セキュリティー、データベース、ミドルウェア、フレームワーク、アプリケーション、実行するための前提環境や利用するクライアントサイドの製品などな…

もっとみる

コラム

2017.7.5

オープンソースは様々な所で私たちを支えている。

ペンネーム:OSS導入大賛成 今の時代に求められていて、なくてはならない存在  昨今の開発現場ではオープンソースアプリケーションが当たり前のように利用されています。OS、DB、WEBサーバー、フレームワーク、ソース管理ツール、構成管理ツールなどなど、そういえばあれもオープンソースアプリケーションだな、と思いつくものがたくさんあるのではないでしょうか。  これほどまでに無意識にオープンソースア…

もっとみる

コラム

2017.6.28

オープンソースって魅力的ですね。

ペンネーム:OSSを活用しよう 「オープン化」といえば、プラットフォームの「UNIX化」や開発言語の「オープンソース化」を思い起こす方が多いのではないかと思いますが、これまで汎用機・オフコンと呼ばれていたプラットフォームもUNIX環境をサポートしているので、近年は「プラットフォームのオープン化」自体はあまり意味をなさないかもしれません。 開発言語から見たオープン化  開発言語の方はどうでしょ…

もっとみる

コラム

2017.4.17

世の中はWebシステムとインターネットの時代

ペンネーム:やっぱりiとopenが好き 「クローズ」な環境での運用  数年前から基幹システムの世界では魔法の言葉のように「オープン・システム」、「オープン化」、「オープン○○○」をよく聞きましたが、個人的にも「オープン○○○」にはかなり興味をもっていました。 ですが基幹システムは、企業の根幹であると同時にあまり「オープン」にしたくない「クローズ」な環境での運用が当然でした。  そんな「クロー…

もっとみる