HOME設立趣旨

協議会についてAbout the Council

設立趣旨

2006年6月、IBM System iの販売に携わるIBMビジネスパートナーが中心となって、System i でのオープンソース・ソフトウェア(OSS)によるビジネスの啓蒙と創成を推進することを目的として「Open Source協議会 System i」を設立しました。さまざまな研究活動を通じて、System iを中心とした新規ビジネスの開拓、技術者の育成、導入時の課題解決をめざしてメンバー各社が総力を結集。「協調」による普及と発展を推進しています。

当協議会の特徴は、従来のOSSが持つメリットを生かしつつ、オープンなプラットフォームとして進化を続けるIBM iの高い信頼性を融合してさらなるIBM iの可能性を引き出すための提言を行うことです。会員企業のエンジニアがコミュニティを介して最新動向を共有するだけでなく、OSSを取り入れた具体的な業務アプリケーションの共同開発や動作検証を行い、IBM i上でのOSS活用を推進する活動を行っています。